子宮頸がん
ワクチンでがんを予防
できる時代の幕開け

  子宮頸がんは最近20〜30代の若い世代に急増中で、そのほとんどが
HPV(ヒトパピローマウイルス)の持続感染が原因で発症します。
HPVの中でも発がん性リスクの高いグループを「ハイリスク型HPV」と呼び、
現在15種類が明らかにされていますが、とりわけHPV16型とHPV18型では
他のハイリスク型と比べて癌に進展するリスクが高頻度です(下図参照)。



HPVは元来、多くの女性が一生のうちに一度は感染する、ごくありふれた
ウイルスで、ほとんどの場合で感染は一過性であり、自然に排除されます。
また、感染しても免疫が付かず何度も感染してしまうことも知られています。
ところが約10%の方はHPVを排除できずに感染が持続することがあります。
これがハイリスク型ですと、5〜10年の間に癌への移行リスクが高まります。

しかしながらこのハイリスク型HPV感染を防ぐ素晴らしいワクチンが登場し、
子宮頸がんは、今後「予防できるガン」になる可能性が高まってきています。
このワクチンでは特にリスクの高い16型と18型2種類の感染を予防します。
もちろんの全てのHPV感染を防ぐものではないので、定期検診も必要です。

当院は早くからこのワクチンの重要性を唱え、普及に情熱を注いでおります。
年齢限定ではありますが2011/3から公費助成が始まったことで、今後は更に
より多くの女性の皆様に接種をお受けいただきたいと切に願っております。

ただ残念なことに、ここ数年はその副反応の疑いが社会問題となり、普及が
停止状態になっている状況下ですが、当院では終始一貫、ぶれることなく
強い信念のもとに、現在も希望者には積極的に接種を実施いたしております。


自費の場合の接種費用は当院では
業界最安値でご提供いたしております。
(第1弾のサーバリックスでも第2弾の
ガーダシルでも同額で接種いたします)
3 回一括払い     39,900円 / 3回
分割払い(1回目)    14,700円/ 回
分割払い(2回目)     13,650円/ 回
分割払い(3回目)    12,600円/ 回
(3回合計で40,950円)
当院は市内随一の接種実績があり
安心してお受けいただけますので 、
ぜひ当院へお申し込みください。
お電話でも随時受け付けております。
いつスタートしてもOKですので
お気軽にスタッフまでお申し出ください。


q&a
Q HPVは感染しても殆どが自然排除されると聞きました。
ワクチンを接種する意義がよくわかりません。教えてください。

A 子宮頸がんはハイリスクHPVの持続感染で発病します。
HPV感染は多くの場合が一過性で、ウイルスは自然に排除されますが、
中には持続感染に移行することもあり、数年から十数年の間に
前癌病変(ガンになる前の異常細胞)を経て癌の発症に至ります。
ハイリスクHPVの持続感染を防げれば癌にはならないことがわかったことで、
感染を予防できるワクチン接種はとても意義深いものと考えます。

Q HPVは誰でも反復感染しやすいウイルスと聞きました。
感染していくうちに抗体が作られて免疫力が付きそうな気がしますが?

A HPV感染は子宮頸部の扁平上皮に局在した感染ですので、イメージ的には
感染というよりも付着と言った方が理解しやすいかもしれません。
そのため再感染を防ぐほどの充分な抗体量を作ることができないために
自然に排除されても繰り返し反復感染(付着)してしまいます。
ワクチンを3回接種することで自然経過の10倍以上の抗体が獲得でき、
その結果ハイリスクHPVによる感染をほぼ100%防ぐことができます。
その効果も接種してから20年以上維持できると推計されています。

Q 既に出産も経験してますが子宮頸がんのワクチンは接種できますか?

A ワクチンの接種時期は感染前の10歳〜14歳が推奨されていますが
9歳以上の女性の方であればどなたでも接種可能ですし、
何歳で接種されても年齢相応の予防効果が期待できます。
2011/3から13歳〜16歳を対象に公費助成が始まり無料化されましたが、
この機会に未接種のご姉妹やお母様もぜひご一緒にお受けください。
出産経験がある方でも再感染予防のために、接種をお勧めします。


Q ワクチンの1回目を受けてからすぐに妊娠したことが判明しました。
2回目以降は予定通り接種を続けてもよろしいでしょうか?

A 子宮頸がん予防ワクチンは妊婦への安全性が確立されていません。
そのためこの場合は、2,3回目の接種を一旦延期してください。
そして出産後に担当医とご相談の上で時期を決め、残りの追加接種を
受けてください。期間が開いても最初からやり直す必要はありません。

Q 子宮頸がん予防ワクチンの第2弾で登場した「ガーダシル」と
最初に登場した「サーバリックス」との違いを教えてください。


ページのトップへ

Copyright (C) 七條胃腸科内科医院. All Rights Reserved.